法人 愛知県産業廃棄物協会
HOME
SITE MAP
協会案内 協会ニュース 法令等最新情報 会員検索 講習会日程 マニフェスト購入 循環資源てなに? 協会案内図 協会案内

協会・支部ニュース


循環資源
種類
適正処理の流れ
最終処分とは
 
 埋め立てには安定5品目と呼ばれる廃プラスチック類、ゴムくず、金属くず、ガラスくず及び陶磁器くず、がれき類だけを処分する「安定型最終処分場」と汚水浸出を防ぐ遮水シートなどで保護された「管理型最終処分場」、コンクリートで保護され外部から完全に遮断された「遮断型最終処分場」があります。

管理型最終処分場
タール・ピッチ類、紙くず、繊維くず、ばいじん、汚泥などの産業廃棄物を処分するために、処理したものを埋め立てる施設です。遮水工を施し、流れ出る水は分析し、中和処理し無害化して放流します。埋め立てた後管理し続ける処分場です。


安定型最終処分場
廃プラスチック類、ゴムくず、金属くず、ガラス及び陶磁器くず、がれき類(コンクリート殻等)、など絶対に腐敗したり有害物質が溶け出したりすることがないことを埋立前に確認して埋めることができます。埋立空間を外部と仕切る遮水工を持ちません。


遮断型最終処分場
通常の方法では無害化することが難しい廃棄物を収めるための施設です。鉄筋コンクリート製の頑丈な構造物で、雨水が中に入らないように、上部には屋根を設けています。中に溜まった水をくみ出して外部に排出するようなことはありません。